showmoreの根津まなみさんよりリリース コメントが到着!!

10/2 P-VINE RECORDSよりリリースされるVityazzの1st Full Album『11034』にコメントが寄せられました!


そしてリリース記念ライブも決定です!
-Vityazzレコ発ライヴ-
日時:2019/11/4(月・祝)
会場:東京/渋谷 7th FLOOR
出演:Vityazz
VJ:Hello1103
開場 18:30 / 開演 19:00
Peatix早期購入割引(10/14~10/28):2500円
Peatix前売り購入割引(10/29~11/3):2700円
一般前売:3000円
当日:3500円
チケット購入
https://vityazz11034.peatix.com


根津まなみ(showmore)
私はダンサーだっただろうか
私は詩人だっただろうか
私は夢を見ていただろうか
私はどこに向かうのだろうか

いい音楽というのは、時空や感覚を超えてくれる。あなたにはどんな景色が見えますか。


山本拓矢(bohemianvoodoo)
海を想起させる響きを感じるが、打ち寄せる波のような質感ではなく、より長く静かな循環。抑圧された表現は、地殻変動と極限の水圧という膨大なエネルギー同士のせめぎ合いの中で垣間見える、生命の輝き。幻影の果てに存在しうるものを描き出す、強い意志の結晶。


市野元彦 (rabbitoo、Time Flows Quartet)
ソリッドなリズムでありながら、まるで深い海の中で光と暗闇の狭間を漂うような淡い質感。オープニングからアルバムを通して彼らの強い美意識が貫かれる。ラストソング「Undercurrent」ではタイトルに反して、深海の旅を終え水面に浮かび上がるようなカタルシスを感じた。様々な対比が同居した音楽だ。


大塚広子
技術とセンス共に備えた師を持ち、幅広いフィールドが下地にある彼ら。そしてなによりたくさんの音楽を真摯に聴いている。そんなVityazzの音楽を私は絶対的に信頼しています。身体の奥底を刺激する、静かで揺るぎないグルーヴ。生の演奏も必見です。


有坂美香
アルバム自体がまるでひとつの映画のよう!インストの高い技術にふんわりと溶け込むボーカル嘴音杏の歌声がなんとも心地よい。 時間を選ばず、頭から終わりまで通して聞ける1枚!


桃井裕範(Potomelli)
ジャズ、ポストロック、オルタナティヴ…どれにも当てはまりそうで、どれでもない。 そうした陳腐な言葉を飛び越える音楽、Vityazz。 途中から変拍子であることも忘れて、その名が意味する通りこのアルバムの海にただ体を委ねていた。 真夜中、明け方、または目眩がするような日差しの中。 どれにも溶け込んで、透き通ってしまう音。そしてそれで良いと思うのだ。


町あかり
「私は文鳥を飼っているのですが、文鳥はなんとも難しい、規則性のないような音や拍子やテンポで歌います。しかしそれは心地よく、愛に溢れた、とても愛おしい音楽なのです。Vityazzは文鳥と同じです。文鳥の求愛ソングと全く同じです。決して難しいものではなく、実はこれが「自然」に1番近い音楽なのかもしれません。日々忙しくストレスが溜まっている方にぜひオススメしたいアルバムです!」




Vityazz



現代的なジャズサウンド、ポリリズム&変拍子を取り入れた複雑ながらも身体に訴えかけるグルーヴ、器楽的なヴォーカリゼーションで“インストゥルメンタル”というジャンルの境界線を越え、その領域を拡大するべく活動を開始。ライヴやMusic Videoでは、VJ映像やコンテンポラリーダンスとの共演など、「空間自体を一つの作品として体感する」インスタレーションにも通じる表現活動も展開している。

 

– Member

嘴音杏(Voice)
中川能之(Guitar)
笠井トオル(Bass/Electronics)
安倍弘樹(Drums)


1st Full Album『11034』 ティーザームービー公開中!



SOUNDはまだありません。